白色申告は手軽な確定申告の方法として魅力的

お金を稼ぐ場合は確定申告を忘れずに行う

確定申告は一年間の収入や支出、利益などから算出した税金を納付したり、還付してもらったりするために行う必要があります。会社員よりは、個人事業主や企業の経営者の方が確定申告について理解していることは多いです。なぜなら、税金に関わる行為なのでミスなく、適切な形で申告する必要があるためです。ただ、会社員の場合でも副業で一定金額以上を稼いでいる場合は、しっかりと確定申告しなければならないので注意が必要です。一定金額のラインを少し超えているから問題ないという考え方はやめ、正直に申告していればその後に税金で困ることはないでしょう。確定申告には種類があり、難易度が低くて取り組みやすいのは白色申告となっています。

白色申告は開業届を出さなくても可能

確定申告の種類の中で白色申告を選択する場合は、開業届を出さずに済むので面倒なことは不要です。開業届を出す方で確定申告を行った場合、白色申告よりも控除される金額が大きいメリットがあります。そのため、白色申告に比べると同じ利益の金額でも納める税金は少なくなるでしょう。しかし、会社員として働きながら開業届を出すということになれば、会社員としての仕事が副業という形になってしまう場合があります。また、勤務先から開業届を出すことを認めてもらえないケースも考えられます。しかし、白色申告は開業届を出さなくても可能な確定申告の方法なので手軽です。ただ、会社員で副業の確定申告を白色申告している場合は、勤務先に副業している事実が見つかる場合があります。

白色申告は確定申告を行う際の原則的な申告方法です。比較的簡単で事務負担が軽い経理処理で申告できます。