勤怠管理に欠かせない打刻情報

勤怠管理は時間と業務内容の二つを管理する事を意味しています。この内、時間の管理はタイムカードに記録してある入退社時刻の情報を活用して行われます。最近は勤怠管理システムと称する新しい打刻システムが登場していますが、営業職などの場合は外回りが多いため勤怠管理システムを使う事で従業員全てを同じような状態で管理を進める事が出来るようになりました。勤怠管理システムの中心的な存在になるのがタイムカードアプリです。タイムカードはタイムレコーダーに挿入して時間を記録するための用紙です。会社に到着した時、帰る時それぞれタイムカードに時間を記録するわけですが、直行している場合にはタイムカードの打刻が出来ませんし、直帰する場合も同じです。しかし、タイムカードアプリを使えば、出先から打刻が出来るため、社員全員の勤怠管理が可能になって来るわけです。

業務効率のアップにも繋がります

タイムカードアプリを使うと勤怠管理の効率をアップさせる事が出来るようになります。従来のタイムカードの場合は、記録してある時間情報をチェックしたり集計する作業が必要でした。タイムカードのチェックや集計作業は、メインの仕事を持っている人が、時間が空いている時を利用して勤怠管理の工数を割り当てているため、管理工数が多く掛かると自分の仕事が遅れてしまうなどのデメリットが起きます。タイムカードアプリは時間を電子データとして保存するため、集計作業は自動化を図れますし、1日の所定労働時間を満たしているか否かについてもデータを見るだけですぐにわかるようになっているなど、勤怠管理の工数を削減出来る、本来の自分の仕事に集中する時間を増やせるわけです。

タイムカードや手書きの出勤簿をアプリ化したものがタイムカードアプリです。従業員自身のスマートフォンを利用するため、他の同僚に打刻してもらう不正を防ぐことができるなどの利点があります。